忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/29 12:49 |
商品よもやま話

ようやく望んでいたレベルの薄さが実現できた。

難関だったコーティングも無事クリア。(瞳に天井の蛍光灯が写りこんでいる)


工数が増えてしまったので、値段が上がって、左右1セット3500円を切れなくなった。
レターパック500の送料を加えて、通販価格4000円。
小物作りに如何だろうか。

微睡夜叉のほうは、全く舞台向きではない面になった。
ぬこさんが4式は現代能面だ!というので、それをイメージしたらこうなった。
近くで面を愛でたい人向きである。遠巻きには眠り顔にしか見えない。

多くの人に見てもらいたいのではあるが、
当方で内装調整が出来ない分、応募には、内装調整・安全確保が自分で出来る方という制限をつけた。
また、能面・・・というだけあって覘き穴も眉のスリットのみなので、
くれぐれも安全に注意して運用していただきたい。

当初は一般に広く「寝姿かわいい!」と言ってもらえるようなカスタムを目指そうとしたものの、
やはり「一般にかわいい」が自分の中で確定できず、ふらふらブレたあげくに、
キリン娘と配色の変わらない銀髪灼眼鬼娘に・・・。
自分のデザイン能力のなさを思い知った結果になった。

閉じ目については、ドールでのカスタム経験があったので特に問題はなく、無難に仕上がったと思う。
もう少し目を開けて半眼にすればまた変わったイメージになるが、今回はほぼ眠った状態に見せたかったので、伏し目がちにした。寝顔「は」かわいい のではないだろうか・・・と、自画自賛。

しかし、オリジナルキャラ、即金15万円、心の準備もままならないイベント6日前発表。
おまけに作った本人はWFに参加しない。我ながらあまりにも酷いと思う。
メンバーは励ましてくれるが、応募者なし、を覚悟しておくべきだと思っている。

拍手[0回]

PR

2012/02/07 12:24 | Comments(0) | 着ぐるみ関連
WF2012冬 告知

新作 レジンアイ追い目Ver. をWF2012冬にて展示します。
CA3A0122.JPG







(画像は試作品、ラウンドタイプ)

どこから見ても、自分を見つめ返してくれる「追い目」タイプ新登場。
着ぐるみさんに使用できる薄さを実現しました。
グラスアイのお人形が苦手な人はご注意ください。
お人形になりたい方は是非。

ぬこ面4式・4.2式に使いやすいオーバル型、
何にでも使えるラウンド型の2種類をご用意しております。

受注生産としますので、気になる方は会場でご確認ください。

レジン・樹脂を使用している為、高温に弱いですが、
人間の目玉サイズより大きな目玉はあまり見ないと思うので、
コスプレ用アクセサリー作りやゴシック系アイテム製作にも、是非ご利用ください。

また、平置きすると視線が追う感じがわかりづらいので、カスタムマスクを作成しました。
こちらはWFにて展示、その後抽選販売となります。

微睡夜叉(まどろみやしゃ)
madoromi1.jpg





詳細はぬこ☆パンの告知でご覧下さい。


瞼の厚みと睫毛があり、通常は陰になって見えない瞳ですが、のぞき込むとじっとこちらを見ています。
写真に写すのは少々難しいかもしれませんが、近づくことを許された者だけの特権だと思うと、個人的にはかなりそそられるものがあります。

のぞき穴は眉毛スリットのみ、閉じ口なので、着ぐるみ慣れしている方向きのマスクだと思われます。
応募しようという方は必ず会場にて試着し、視界・内装の状態を確認してください。


また、当方、今回はWFに参加しません。
目と面の展示はぬこ☆パンメンバーに委託しております。
詳細を知りたい方、お問い合わせはメールにて龍之介まで。
 

 

 

拍手[0回]


2012/02/07 12:23 | Comments(0) | 着ぐるみ関連
WF2011 夏 告知
ぬこ☆パンブログにて告知販売告知あり。

今回はレジンアイが作成できなかったので、当方は不参加です。

目玉については、ぬこ氏がレンズに裏から目を貼る方式のものを販売するようなので、
そちらをご利用ください。

拍手[3回]


2011/07/21 11:03 | Comments(0) | 着ぐるみ関連
WF準備 金勘定など
このたび、レジンアイに使っているシリコン型が、意外と早く傷むということがわかった。
コーティングなしで綺麗、が売りなので、型をはやめに新調する必要がある。
半年で1回交換の必要がありそうだ。当然原価が上がる。

しかし、値段は据え置きにした。
量産に慣れて、大きさもほぼ均一になり、気泡や硬化不良による失敗が減り、
レジンの無駄が少なくなってきたので、型代をカバーできると思われる為。
今回は新旧両方の型で作ったものが混在しているが、
今後は値段を据え置いたまま、さらに品質の高いものを提供できるようにしていきたい。


両目:弐千円
片目:千円
(在庫切れの場合送料別途:五百円)

現在、説明書3枚、在庫表、その他諸々作成中。







拍手[1回]


2011/02/04 20:08 | Comments(0) | 着ぐるみ関連
お歳暮、或いはクリスマスプレゼント
「ドラコケンタウロスのようなもの」
dorako.jpg









日ごろお世話になっている某氏に面ほか一式贈呈。
以前たまたま、某氏がドラコがお好きだということを聞いて、人外ならうちの専門だ、と一念発起。

とはいえ、財力がないので、ぬこ大将から廃棄する不良品のキャスト面を譲っていただき、暇に任せてひたすら再処理、再加工した。(現在ぬこパンの面ラインナップはすべてFRPになっており、硬化不良等の不良品は出ないので悪しからず)
自分にとっては初めての5式製作で何が一番大変だったかというと、この再処理だったりする・・・。
肌色塗装で腹を壊して倒れたりした挙句の完成(苦笑)

アイはぬこパンボーカロイドアイ、カラーバリエーション黄色の、ハイライトだけ変形。
(グラデーションで描く技術を持たないので、白点だけ加工してみた)

ウィッグも、某氏の好みも考慮したが、おおよそ自分がアセトンで倒れないためと、金欠の為という理由でボアを選択。
化学物質過敏反応とハウスダストアレルギーを天秤にかけた結果、後者を選択したもの。
ドールでよくボアウィッグを作ったりしていたので、大きくなってもさほど苦労はなかった。
ぬこパンブログの結髪講座を参考に、ウレタンで底上げした上で、ボアウィッグの型紙を作り、ウィッグを作って一気にかぶせてホットボンドでとめ付け。
・・・・若干の理由としては、結髪師である某氏に遠慮したということもあったりなかったり、だ(笑)

個人的には諸々こだわり、甘噛みできる程度に刺さる牙と、面に直付けしてある手捻りの角。
dorako2.jpg






角は、軽量エポパテを捻ってそのままの形を生かし、象牙質らしくなるようにホワイトとパールで光沢ありのコートをした。もう少しグレーの影もあってもよかったかもしれない。

そういえば、ドールで夜叉を作ったときも角はボルトとナットで止めつける仕様にしていた。
(ドールは小さいので接着面積が小さく、力をかけると取れる恐れがあったため。)
tisex.jpg









いつも思うのだが、ヘアバンド式の角というのはゆらゆらゆれて、どうにも好みにあわない。やはり角は頭蓋骨から直接生えている強いものだから、頭の動きにきちんとついてこないと困る。触覚なら許せる。
ウレタンを合皮で巻いて・・・という意見もあったのだが、ショー用の面ではないので、好みを優先させて、先を丸めて刺さりにくくすることで安全には注意したつもりだ。

そのほか、某氏の好みに合わせてかなり偏った作りもしているのだが、そこはあまり暴露すると野暮なので伏せておく。(友人各位へ:ツッコミは公共の場でなく、個人的に連絡を願いたい。)

ちなみに、ドラコケンタウロス「のようなもの」というのは、耳がエルフ耳でないことと、羽と尻尾が用意できなかったことに拠る。
あとは某氏任せということで、乞うご期待・・・?

拍手[1回]


2010/12/20 13:47 | Comments(0) | 着ぐるみ関連

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]